りんどうと 巨大キノコと おこみんと

志賀高原一の瀬ホテルジャパン志賀より車で15分。奥志賀高原の新名所「りんどうの丘」に行ってまいりました。 長野県の県花にも指定されている「りんどう」は、色鮮やかな青むらさき色の美しい花です。 りんどうの花をみると、「志賀高原りんどう小唄」をついつい口ずさんでしまいます。なんとこの歌は、あの島倉千代子さんが唄ってらっしゃっいます。 地域の行事では、子供の頃から歌に合わせて女子が踊り、とても馴染みのある曲なんです。 りんどう小唄を口ずさみながら、凛とした堂々たるりんどうが咲いているりんどうの丘を軽快に歩きました。 りんどうの丘は奥志賀高原の第一リフト横のゲレンデにあります。 途中には可愛らしい白いお花も咲いており、癒されました。  りんどうの丘を下りて戻ってくるときに、巨大なキノコに遭遇。あまりの大きさに、おこみん人形(10cmほど)と一緒にパチリと記念撮影。 自然に癒され、驚きの遭遇もあり、小一時間ですが楽しいひと時を過ごせました。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    山本 (金曜日, 15 5月 2015 23:20)

    地元、山ノ内東小の運動会では男子は勇壮な騎馬戦、女子はりんどう小唄を踊って終盤を盛り上げました。
    寒く厳しい冬の訪れの前の秋のひととき。
    志賀高原りんどう小唄はあの頃以来聴いていない気がします。